読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第48回PT 午前11~15

第48回理学療法過去問題

48-A-11 60歳の男性。10年前にParkinson病と診断された。日常生活は自立している。すくみ足のため自宅で頻回に転倒するようになった。

この患者に対する指導で適切なのはどれか。

1.スリッパを履くよう勧める。

2.足関節に重錘バンドを装着する。

3.T字杖歩行を指導する。

4.車椅子での移動を指導する。

5.自宅での手すり設置の場所を指導する。

 

正答 5

1.スリッパを履くことで転倒の危険性が高まる。

2.足関節に重錘バンドを装着するのは運動失調者に対してである。

3.Parkinsonn病では姿勢反射の障害があり、T 字杖を使うことは困難である。

4.現在歩行ができており、車椅子の導入は時期尚早である。

5.正しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-12 48歳の女性。2年前に多発性硬化症と診断された。これまで日常生活はおおむね自立していたが、1週間前から視力の低下、両側下肢の脱力が増悪し入院となった。薬物治療後に理学療法が開始されたが、視力の低下、両側下肢筋力低下および軽度のしびれが残存している。

この時点の深部感覚障害の程度を適切に検査できるのはどれか。

1.運動覚試験

2.Romberg試験

3.内果での振動覚試験

4.自動運動による再現試験

5.非検査側を用いた模倣試験

 

正答 1

1.正しい。運動覚試験は、口頭で答えるのであれば、下肢筋力低下やしびれがあっても測定できる。

2.Romberg徴候は後索性失調では陽性となり、深部感覚障害を疑うことができるが、程度を適切に検査することはできない。

3.振動覚は深部感覚に含まれるが、程度を適切に検査することはできない。

4、5.自動運動による再現試験や、非検査側を用いた模倣試験は下肢筋力低下のため困難である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-13 28歳の女性。生来健康であったが、1週前に急に回転性のめまいが出現した。良性発作性頭位眩暈症と診断され、理学療法が開始された。初回評価時には座位は可能であるが立位の保持は不安定であった。非注視下での眼振を認め、姿勢変換時にめまい感が増悪する。

この障害を改善するための理学療法で適切なのはどれか。

1.背臥位での他動関節可動域運動

2.外力を加えた座位姿勢の保持練習

3.座位での頸部回旋運動による前庭刺激

4.眼振が出現しない姿勢での基本動作練習

5.杖を用いた歩行練習

 

正答 3

良性発作性頭位眩暈症は、寝返り、起き上がり、下を向くなど頭位を変換することにより、数秒~数十秒回転性めまいが生じるが難聴や耳鳴りなどはない。

治療として、座位で頭位を変換→臥位で頭位を変換→座位に戻るというEpley法が用いられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-14 62歳の女性。両側の変形性膝関節症で、膝関節に軽度の伸展制限と中等度の内反変形とがみられる。Mikulicz線は膝関節中心の内側に偏位している。

運動療法で適切でないのはどれか。

f:id:motimotojuku:20161103095508p:plain

 

 

正答 4

Mikulics線は、大腿骨頭中心より足関節中心に引いた線で、下肢荷重線のことである。膝内反変形があると内側に偏位する。

図4では、ボールの位置が下腿にあることで内反を強めるため不適切である。ボールは大腿にはさむとよい。

変形性膝関節症では、大腿四頭筋ハムストリングスの筋力強化を行う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-15 45歳の女性。40歳で関節リウマチを発症し、寛解と増悪を繰り返している。両手関節の腫脹と疼痛が顕著である。歩行は可能であるが、左膝関節の疼痛と変形が強いため人工関節置換術を検討している。

術前に使用する歩行補助具として適切なのはどれか。2つ選べ。

1.T字杖

2.ロフストランド杖

3.プラットホーム杖

4.松葉杖

5.四輪式歩行器

 

正答 3、5

1、2、4.T字杖やロフストランド杖、松葉杖は手関節の主張を増悪させる可能性がある。

3.適切。プラットホーム杖は前腕で体重を支持することができるため適切である。

5.適切。四輪歩行器は手関節への負担が少なく適切である。

f:id:motimotojuku:20161103100758p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・