読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第48回共通 午前61~65

第48回共通過去問題

48-A-61 細胞内小器官の役割について正しいのはどれか。

1.中心小体はリソソームを形成する。

2.ミトコンドリアはATPを合成する。

3.リボソームは膜の脂質成分を産生する。

4.ゴルジ装置は細胞分裂時に染色体を引き寄せる。

5.リボソームが付着しているのが滑面小胞体である。

 

正答 2

1.リボソームRNA蛋白質からなる粒子である。

2.正しい。ミトコンドリアはエネルギーであるATPを産生する。

3.リボソーム蛋白質を合成する。

4.細胞分裂時に染色体を引き寄せるのは中心小体である。ゴルジ装置は分泌物やリソソームを合成する。

5.リボソームが付着しているのは粗面小胞体である。粗面小胞体は膜の脂質成分を産生する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-62 骨格筋の収縮について正しいのはどれか。

1.単収縮を加重させても収縮力は変化しない。

2.筋線維の活動電位の持続時間は単収縮の持続時間よりも長い。

3.電気刺激を与えた場合、単収縮に先行して活動電位が生じる。

4.電気刺激で1秒間に5~6回の単収縮を起こすと強縮となる。

5.単収縮の頻度が過剰になると完全強縮から不完全強縮に移行する。

 

正答 3

1.刺激頻度を増加させると、単収縮が加重し不完全強縮→完全強縮となり収縮力は増加する。

2.筋線維の活動電位の持続時間は単収縮の持続時間よりも短い。

3.正しい。神経終末からアセチルコリン放出→活動電位→横行小管から筋小胞体へ伝わる→筋小胞体からカルシウムイオンが放出→カルシウムイオンがトロポミンとトロポミオシンの結合を解除し筋収縮、となる。

4.1秒間に10Hz以上の刺激で強縮となる。

5.不完全強縮から強縮に移行する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-63 Gerstmann症候群の病巣として正しいのはどれか。

1.上側頭回

2.中心前回

3.舌状回

4.帯状回

5.角回

 

正解 5

Gerstmann症候群の病巣は優位半球頭頂葉後部(角回周辺)である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-64 安静時に比べ運動時に血液の分配量が増加するのはどれか。2つ選べ。

1.骨格筋

2.消化管

3.心臓

4.脾臓

5.腎臓

 

正答 1、3

運動時には心臓や骨格筋への血液量が増加し、内臓への血液量は減少する。また

脳への血流量は 変わらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-65 咳反射について正しいのはどれか。

1.肺胞の受容器刺激によって誘発される。

2.吸気と呼気相の間に声門が閉鎖する。

3.カプサイシンの吸入で抑制される。

4.反射の中枢は大脳皮質にある。

5.流速はおよそ1l/秒である。

 

正答 2

1.咽頭喉頭、気管支粘膜、鼻腔などの刺激によって咳反射が誘発される。

2.正しい。

3.唐辛子の成分であるカプサイシンを吸入すると咳反射が誘発される。

4.反射の中枢は延髄である。

5.流速は約6~20リットル/秒である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・