第48回共通 午前56~60

第48回共通過去問題

48-A-56 側脳室に接しているのはどれか。

1.黒質

2.被殻

3.淡蒼球

4.尾状核

5.扁桃体

 

正答 4

f:id:motimotojuku:20161101094802p:plain

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-57 脛骨神経支配でないのはどれか。

1.膝窩筋

2.足底筋

3.腓腹筋

4.前脛骨筋

5.ヒラメ筋

 

正答 4

脛骨神経は大腿後部~下腿後部~足底の筋を支配している。

前脛骨筋は深腓骨神経支配である。

深腓骨神経は足関節の背屈筋、足指の伸筋を支配する。

浅腓骨神経は長・短腓骨筋を支配する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-58 

リンパの流れについて誤っているのはどれか。

1.乳び槽は腸リンパ本幹と腰リンパ本幹が合流してできる。

2.右リンパ本幹のリンパは右静脈角から静脈に流入する。

3.右上肢からのリンパは右頭部からのリンパと合流する。

4.右下肢からのリンパは右リンパ本幹に流入する。

5.胸管のリンパは左静脈角から静脈に流入する。

 

正答 4

4.誤り。両下半身のリンパは乳び槽→胸管へ流入する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-59 

呼吸器について正しいのはどれか。

1.咽頭はC7~C8の高さにある。

2.輪状軟骨は弾性軟骨である。

3.成人の喉頭から気管支までの距離は20~25cmである。

4.気管の延長線に対する気管支の分岐角度は右より左の方が大きい。

5.終末細気管支は肺胞に開口する。

 

正答 4

1.咽頭はC4~C6の高さにある。

2.輪状軟骨、甲状軟骨、披裂軟骨は硝子軟骨である。喉頭蓋軟骨は弾性軟骨である。

3.喉頭から気管支までの距離は約10㎝である。

4.正しい。右の分岐角度は25°、左の分岐角度は45°で左の方が大きい。

5.終末細気管支→呼吸細気管支→肺胞管→肺胞嚢→肺胞と続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-60 

腎臓について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.右腎は左腎より髙い位置にある。

2.腎皮質は髄質に比べて薄紅白色を呈する。

3.腎小体は腎皮質にある。

4.尿細管はネフロンの構成要素である。

5.Henle係蹄は腎小体にある。

 

正答 3、4

1.右腎は左腎より低い位置にある。

2.腎皮質には糸球体(血管の固まり)があるため、腎髄質よりも赤い(赤褐色)。

3.正しい。糸球体と糸球体嚢を合わせて腎小体という。

4.正しい。1個の腎小体とそれに続く1本の尿細管をネフロンという。

5.Henle係蹄は尿細管に含まれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・