読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第48回PT 午前1~5

第48回理学専門問題

48-A-1 Danielsらの徒手筋力テスト(足関節底屈のテスト)を図1及び図2に示す。

正しいのはどれか。2つ選べ。

 

f:id:motimotojuku:20161030073315p:plain

1.図1で、最大可動範囲で踵持ち上げを15回行えれば段階5である。

2.図1で、可動範囲の一部で踵持ち上げを1回以上行えれば段階4である。

3.図2で、完全な底屈運動ができて最大抵抗に負けずに保てれば段階3である。

4.図2で、完全な底屈運動ができるが抵抗に耐えられなければ段階2である。

5.図2で、可動範囲の一部分だけ動かせれば段階2-である。

 

正答 4、5

1.25回持ち上げられたら段階5である。1回では段階3、2~24回では段階4である。

2.可動域の一部を持ち上げることができたら段階2+である。

3.完全な底屈運動ができるが抵抗に耐えられなければ段階2+である。

4、5.正しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-2 関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。

f:id:motimotojuku:20161030074511p:plain

 

正答 3、5

1.肩甲骨挙上の移動軸は、肩峰と胸骨上縁を結ぶ線である。

2.図は肩関節水平屈曲である。

3.正しい。

4.図は足部内転である。

5.正しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-3 児の左半身の関節可動域を測定した結果を表に示す。

この児がとることのできる姿勢はどれか。

 

f:id:motimotojuku:20161030074955p:plain

正答 3

1.図の姿勢をとるためには足関節の背屈が15°程度必要である。

2.図の姿勢をとるためには膝関節屈曲80°、手関節背屈80°程度必要である。

3.図の姿勢をとることができる。

4.図の姿勢をとるためには膝関節90°程度必要である。

5.図の姿勢をとるためには肩関節伸展30°、手関節背屈60°程度必要である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-4 筋力測定器で膝伸展等尺性筋力を測定しているところを図に示す。測定値は150Nであった。対象者の体重は60㎏である。

体重比モーメントで正しいのはどれか。

 

f:id:motimotojuku:20161030075632p:plain

1.0.50Nm/㎏

2.0.75Nm/㎏

3.1.00Nm/㎏

4.1.25Nm/㎏

5.1.50Nm/㎏

 

正答 2

まず、モーメント(軸の回転力)は、軸(膝関節)から力が作用する点までの距離×力で求める。→0.3m×150N=45(Nm)となる。

体重比はモーメントを体重で割る(除す)ので、45Nm÷60㎏=0.75Nm/㎏となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-5 30歳の男性。右外果骨折に対して金属プレートで骨接合術を施行した。術後2か月経過。熱感はなく、全荷重が可能となっているが、足関節の背屈制限が残存している。

関節可動域訓練前の物理療法で適切でないのはどれか。

1.ホットパック

2.パラフィン

3.極超短波

4.過流浴

5.超音波

 

正答 3

金属プレートで固定しているので、極超短波は禁忌である。