第48回共通 午前66~70

第48回共通問題

48-A-66 生体の防御作用としてBリンパ球が産生するのはどれか。

1.アセチルコリン

2.興奮性アミノ酸

3.免疫グロブリン

4.インターフェロンーγ

5.インターロイキン-2

 

正答 3

Bリンパ球が形質細胞に分化し免疫グロブリン(抗体)を産生する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-67 排便機構で正しいのはどれか。

1.排便中枢は第10~12胸髄に存在する。

2.排便反射では外肛門括約筋が収縮する。

3.下行結腸に便が貯留すると便意を生じる。

4.胃大腸反射により結腸の蠕動運動が亢進する。

5.副交感神経系は消化管運動に抑制的に作用する。

 

正答 4

1.排便中枢は第2~4仙髄に存在する。

2.排便反射では外肛門括約筋が弛緩する。

3.直腸に便が貯留すると便意が生じる。

4.正しい。

5.副交感神経系は消化管運動に促進的に作用する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-68 基礎代謝率について正しいのはどれか。

1.発熱時には増大する。

2.食物摂取後減少する。

3.男性よりも女性で高い。

4.加齢とともに増大する。

5.不安感があると減少する。

 

正答 1

1.正しい。

2.食物摂取後増加する。特に蛋白質摂取で増加する。

3.男性の方が高い。

4.加齢とともに低下する。

5.不安や怒り、羞恥などで増加する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-69 同一平面内に働く力ベクトルF1とF2が同じ平面上の点Oの回りに作るモーメントMを表す式はどれか。ただし、OからベクトルF1とF2の作用線に下ろした垂線の長さをそれぞれa、bとする。

1.M=F1+F2

2.M=aF1+bF2

3.M=(aF1+bF2)/2

4.M=(F1+F2)/(a+b)

5.M=(F1+F2)(a+b)

 

正答 2

モーメント(軸にかかる力)は軸からの距離×力で求められる。

2つの力がかかっている場合は合算する。

よって、M=aF1+bF2となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-70 肩関節の運動で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.大胸筋胸肋部は内転に作用する。

2.三角筋前部は外旋に作用する。

3.棘上筋は内転に作用する。

4.大円筋は外旋に作用する。

5.小円筋は外旋に作用する。

 

正答 1、5

1.正しい。大胸筋胸肋部は内転・水平屈曲に作用する。鎖骨部は屈曲・水平屈曲に作用する。

2.三角筋前部は屈曲・水平屈曲に作用する。

3.棘上筋は外転に作用する。

4.大円筋は内旋・内転・伸展に作用する。

5.正しい。小円筋は外旋・水平伸展に作用する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

第48回OT 午前11~16

第48回作業療法国家試験

48-A-11 38歳の女性。32歳時に四肢脱力が出現、多発性硬化症の診断を受け寛解と増悪を繰り返している。2週前に痙縮を伴った上肢の麻痺にて入院。大量ステロイドによるパルス療法を行った。

この時点での痙縮の治療手段で正しいのはどれか。

1.超音波療法

2.赤外線療法

3.低周波療法

4.ホットパック

5.パラフィン療法

 

正答 3

多発性硬化症には温熱療法は禁忌であるため、超音波療法、赤外線療法、ホットパック、パラフィン浴、極超短波療法などは禁忌である。

低周波療法は痙縮の治療として、機能的電気治療(FES)が用いられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-12 60歳の男性。合併症のない急性心筋梗塞。厚生省「循環器疾患のリハビリテーションに関する研究」班(平成8年度)に基づいた心筋梗塞の急性期リハビリテーションプログラムが終了し退院時指導を行っている。

安静時心拍数が70/分であった場合のKarvonenの方法による運動時の目標心拍数はどれか。ただし、予想最大心拍数は220-年齢とし、係数は0.5とする。

1.100

2.105

3.110

4.115

5.120

 

正答 4

Karvonen法では目標心拍数を以下の計算式で求める。

目標心拍数=(予測最大心拍数-安静時心拍数)×運動強度係数+安静時心拍数

これを当てはめると、

目標心拍数=((220-60)-70)×0.5+70=115/分となる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-13 54歳の女性。糖尿病性末しょう神経障害。インスリンによる治療を受けている。低血糖発作の既往が指摘されている。

作業療法中、この患者に現れる初期の低血糖発作で可能性が高いのはどれか。

1.発汗

2.複視

3.けいれん

4.行動異常

5.意識障害

 

正答 1

低血糖発作の初期症状として、空腹感、あくび、悪心、手足のふるえ、発汗、計算力低下などがみられる。進行すると視力低下、複視、意識障害意識障害のための行動異常、けいれんなどがみられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-14、15

次の文により、14、15の問いに答えよ。

70歳女性。Alzheimer型認知症の診断を受けデイケアを利用しながら自宅で生活を続けている。独歩での移動は可能であるが、屋外では道に迷う。IADLは全介助である。感情のコントロールができなくなり、デイケア施設職員に文句を言ったり介護に抵抗することもある。

48-A-14 この患者に特徴的にみられる症状や障害で正しいのはどれか。

1.幻視

2.人格変化

3.意識混濁

4.不全片麻痺

5.視空間認知の障害

 

正答 5

1.幻視はLewy障害型認知症の特徴である。

2.人格変化はPIck病の特徴である。

3.Alzheimer型認知症では意識障害はおこらない。脳血管型認知症では意識障害やけいれん発作がおこることがある。

4.不全片麻痺は脳血管型認知症の特徴である。

5.正しい。屋外で道に迷うなど視空間認知の障害がみられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-15 この患者に対するデイケアプログラムで優先すべき目標はどれか。

1.気分の安定

2.買い物の練習

3.対人関係の改善

4.家事動作の練習

5.短期記銘力の向上

 

正答 1

認知症患者のデイケアの目的は安心、安定して、快適に過ごしてもらうことである。機能の向上やできないことに対してできるようにするなど能力向上は目標としない。

1.正しい。「感情のコントロールができなくなり、」とあることから、適切な接し方や環境設定を行い、気分の安定を図る。

2、4.買い物や家事については全介助であり、練習を目標とすることはない。できること、慣れていること、昔からの馴染みのものなどを取り入れる。

3.対人関係など能力向上は目標としない。

5.短期記銘力など機能向上は目標としない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

第48回PT 午前11~15

第48回理学療法過去問題

48-A-11 60歳の男性。10年前にParkinson病と診断された。日常生活は自立している。すくみ足のため自宅で頻回に転倒するようになった。

この患者に対する指導で適切なのはどれか。

1.スリッパを履くよう勧める。

2.足関節に重錘バンドを装着する。

3.T字杖歩行を指導する。

4.車椅子での移動を指導する。

5.自宅での手すり設置の場所を指導する。

 

正答 5

1.スリッパを履くことで転倒の危険性が高まる。

2.足関節に重錘バンドを装着するのは運動失調者に対してである。

3.Parkinsonn病では姿勢反射の障害があり、T 字杖を使うことは困難である。

4.現在歩行ができており、車椅子の導入は時期尚早である。

5.正しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-12 48歳の女性。2年前に多発性硬化症と診断された。これまで日常生活はおおむね自立していたが、1週間前から視力の低下、両側下肢の脱力が増悪し入院となった。薬物治療後に理学療法が開始されたが、視力の低下、両側下肢筋力低下および軽度のしびれが残存している。

この時点の深部感覚障害の程度を適切に検査できるのはどれか。

1.運動覚試験

2.Romberg試験

3.内果での振動覚試験

4.自動運動による再現試験

5.非検査側を用いた模倣試験

 

正答 1

1.正しい。運動覚試験は、口頭で答えるのであれば、下肢筋力低下やしびれがあっても測定できる。

2.Romberg徴候は後索性失調では陽性となり、深部感覚障害を疑うことができるが、程度を適切に検査することはできない。

3.振動覚は深部感覚に含まれるが、程度を適切に検査することはできない。

4、5.自動運動による再現試験や、非検査側を用いた模倣試験は下肢筋力低下のため困難である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-13 28歳の女性。生来健康であったが、1週前に急に回転性のめまいが出現した。良性発作性頭位眩暈症と診断され、理学療法が開始された。初回評価時には座位は可能であるが立位の保持は不安定であった。非注視下での眼振を認め、姿勢変換時にめまい感が増悪する。

この障害を改善するための理学療法で適切なのはどれか。

1.背臥位での他動関節可動域運動

2.外力を加えた座位姿勢の保持練習

3.座位での頸部回旋運動による前庭刺激

4.眼振が出現しない姿勢での基本動作練習

5.杖を用いた歩行練習

 

正答 3

良性発作性頭位眩暈症は、寝返り、起き上がり、下を向くなど頭位を変換することにより、数秒~数十秒回転性めまいが生じるが難聴や耳鳴りなどはない。

治療として、座位で頭位を変換→臥位で頭位を変換→座位に戻るというEpley法が用いられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-14 62歳の女性。両側の変形性膝関節症で、膝関節に軽度の伸展制限と中等度の内反変形とがみられる。Mikulicz線は膝関節中心の内側に偏位している。

運動療法で適切でないのはどれか。

f:id:motimotojuku:20161103095508p:plain

 

 

正答 4

Mikulics線は、大腿骨頭中心より足関節中心に引いた線で、下肢荷重線のことである。膝内反変形があると内側に偏位する。

図4では、ボールの位置が下腿にあることで内反を強めるため不適切である。ボールは大腿にはさむとよい。

変形性膝関節症では、大腿四頭筋ハムストリングスの筋力強化を行う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-15 45歳の女性。40歳で関節リウマチを発症し、寛解と増悪を繰り返している。両手関節の腫脹と疼痛が顕著である。歩行は可能であるが、左膝関節の疼痛と変形が強いため人工関節置換術を検討している。

術前に使用する歩行補助具として適切なのはどれか。2つ選べ。

1.T字杖

2.ロフストランド杖

3.プラットホーム杖

4.松葉杖

5.四輪式歩行器

 

正答 3、5

1、2、4.T字杖やロフストランド杖、松葉杖は手関節の主張を増悪させる可能性がある。

3.適切。プラットホーム杖は前腕で体重を支持することができるため適切である。

5.適切。四輪歩行器は手関節への負担が少なく適切である。

f:id:motimotojuku:20161103100758p:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

第48回共通 午前61~65

第48回共通過去問題

48-A-61 細胞内小器官の役割について正しいのはどれか。

1.中心小体はリソソームを形成する。

2.ミトコンドリアはATPを合成する。

3.リボソームは膜の脂質成分を産生する。

4.ゴルジ装置は細胞分裂時に染色体を引き寄せる。

5.リボソームが付着しているのが滑面小胞体である。

 

正答 2

1.リボソームRNA蛋白質からなる粒子である。

2.正しい。ミトコンドリアはエネルギーであるATPを産生する。

3.リボソーム蛋白質を合成する。

4.細胞分裂時に染色体を引き寄せるのは中心小体である。ゴルジ装置は分泌物やリソソームを合成する。

5.リボソームが付着しているのは粗面小胞体である。粗面小胞体は膜の脂質成分を産生する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-62 骨格筋の収縮について正しいのはどれか。

1.単収縮を加重させても収縮力は変化しない。

2.筋線維の活動電位の持続時間は単収縮の持続時間よりも長い。

3.電気刺激を与えた場合、単収縮に先行して活動電位が生じる。

4.電気刺激で1秒間に5~6回の単収縮を起こすと強縮となる。

5.単収縮の頻度が過剰になると完全強縮から不完全強縮に移行する。

 

正答 3

1.刺激頻度を増加させると、単収縮が加重し不完全強縮→完全強縮となり収縮力は増加する。

2.筋線維の活動電位の持続時間は単収縮の持続時間よりも短い。

3.正しい。神経終末からアセチルコリン放出→活動電位→横行小管から筋小胞体へ伝わる→筋小胞体からカルシウムイオンが放出→カルシウムイオンがトロポミンとトロポミオシンの結合を解除し筋収縮、となる。

4.1秒間に10Hz以上の刺激で強縮となる。

5.不完全強縮から強縮に移行する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-63 Gerstmann症候群の病巣として正しいのはどれか。

1.上側頭回

2.中心前回

3.舌状回

4.帯状回

5.角回

 

正解 5

Gerstmann症候群の病巣は優位半球頭頂葉後部(角回周辺)である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-64 安静時に比べ運動時に血液の分配量が増加するのはどれか。2つ選べ。

1.骨格筋

2.消化管

3.心臓

4.脾臓

5.腎臓

 

正答 1、3

運動時には心臓や骨格筋への血液量が増加し、内臓への血液量は減少する。また

脳への血流量は 変わらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-65 咳反射について正しいのはどれか。

1.肺胞の受容器刺激によって誘発される。

2.吸気と呼気相の間に声門が閉鎖する。

3.カプサイシンの吸入で抑制される。

4.反射の中枢は大脳皮質にある。

5.流速はおよそ1l/秒である。

 

正答 2

1.咽頭喉頭、気管支粘膜、鼻腔などの刺激によって咳反射が誘発される。

2.正しい。

3.唐辛子の成分であるカプサイシンを吸入すると咳反射が誘発される。

4.反射の中枢は延髄である。

5.流速は約6~20リットル/秒である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第48回OT 午前6~10

第48回作業療法専門過去問題

48-A-6 35歳の男性。生来健康であった。転倒し右肘頭骨折を受傷した。術後のエックス線写真を下に示す。骨折部や全身の状態は良好である。

この患者の作業療法で最も注意すべき合併症はどれか。

 

f:id:motimotojuku:20161101193315p:plain

1.偽関節

2.変形治癒

3.遅延治癒

4.異所性骨化

5.Sudeck骨萎縮

 

 

正答 4

肘頭骨折後、Kirschner鋼線で引き寄せ締結法を行っている。この術式は、適切に固定できれば術直後から動かすことが可能である。

1、3、5.骨折部位や全身状態は良好であり、35歳の男性ということもあり、遅延治癒や偽関節、Sudeck骨萎縮はみられない。

2.引き寄せ締結法で固定しており、変形はみられない。

4.正しい。異所性骨化は、過度の関節可動域訓練などでおこることがあるため、注意が必要である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-7 76歳の女性。右大腿骨頸部骨折を受傷し、後方侵入による人工骨頭置換術を受けた。

術後3週間に実施する動作で安全性が高いのはどれか。

f:id:motimotojuku:20161101194037p:plain

 

正答  5

後方侵入による人工骨頭置換術では、股関節の屈曲・内転・内旋の複合運動および、過屈曲が禁忌である。

1.床に座る動作では股関節が過屈曲、内転する。

2.低めのソファに座ると股関節が過屈曲する。

3.図のように浴槽をまたぐと、股関節の屈曲・内転・内旋の複合運動となる。

4.図の靴を履く動作では、股関節が過屈曲となる。

5.正しい。股関節への負担を避けるために、リーチャーを使って床の物を拾うのは良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-8 68歳の女性。関節リウマチ。右利き。夫との2人暮らし。肩関節と肘関節に可動域制限はない。膝関節痛の鎮痛のために座薬を用いている。手関節痛が強いときには夫が家事を行っているが、できるだけ自分でやりたいという気持ちが強い。手指の写真とエックス線写真とを下に示す。

この患者に対する自助具で適切なのはどれか。2つ選べ。

 

f:id:motimotojuku:20161101194705p:plain

 

正答 1、5

この患者では、手関節の強直、左母指のZ変形がみられる。肩関節、肘関節の可動域制限はないことから、リーチを補うための自助具は必要ないと考える。

1.正しい。ドアにノブをつけることで、手指や手関節への負担を軽減することができ

る。

2.図はキーボードカバーであり、失調や不随意運動がある患者に用いる。

3.図はリーチを補うための座薬挿入用自助具である。

4.図は長柄櫛であり、リーチを補う自助具である。

5.正しい。角度付き包丁で、手関節の強直があって、包丁を持つ際に撓屈、尺屈ができなくでも包丁を使用することができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-9 正常発達の子どもの姿勢を図に示す。

この時期に、遠城寺式乳幼児分析的発達検査表に示される項目で獲得できているのはどれか。

f:id:motimotojuku:20161101195403p:plain

1.ガラガラを振る。

2.人見知りをする。

3.身ぶりをまねする。

4.ひとりで座って遊ぶ。

5.音声をまねようとする。

 

正答 1

図は腹臥位で両肘を床から浮かせ体をそらせている。これは生後4~5か月でみられる。

1.正しい。ガラガラを振るのは生後4~5か月である。

2.人見知りをするのは生後10~11か月である。

3.身ぶりをまねするのは生後9~10か月である。

4.ひとりで座って遊ぶのは生後7~8か月である。

5.音声をまねようとするのは生後10~11か月である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-10 45歳の女性。2~3年前から上肢の筋力低下の進行と嚥下障害が認められ、筋萎縮性側索硬化症と診断された。現在、上肢の筋力はMMTで肩関節周囲2、手指筋2、頸部・体幹筋と下肢は3。移動は車椅子介助、車椅子への移乗も軽介助を必要とする。食事はポータブルスプリングバランサーを使用して自立しており、その他のADLは全介助となっている。音声によるコミュニケーションは可能だが、呼吸機能は徐々に低下している。

この患者に今後導入が予想されるコミュニケーション機器はどれか。2つ選べ。

f:id:motimotojuku:20161101200121p:plain

 

正答 3、5

1.図は喉頭がんなどで喉頭を摘出した患者が発生機能を得るために用いる人工喉頭である。

2.図は聴力低下がある高齢者などに用いる小型メガホンである。

3.正しい。図は透明文字盤で、目の動きによって文字を伝えることができる。

4.図は大きな数字の電話機で、視力障害がある場合や、手指の巧緻性の低下がある場合に用いる。

5.正しい。図は顔面筋のセンサーを利用した意思伝達装置(パソコン)である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第48回PT 午前6~10

第48回理学専門過去問題

48-A-6 スポーツ障害に対する超音波照射部位で正しいのはどれか。

 

f:id:motimotojuku:20161101101943p:plain

 

 

正答 1

1.正しい。ジャンパ―膝は大腿四頭筋県が障害される。

2.鵞足炎とは、縫工筋、薄筋、半腱様筋の付着部である脛骨上部内側の障害である。

3.腸脛靭帯炎は腸脛靭帯の大腿骨外側上顆部の炎症である。

4.シンスプリントでは脛骨内側の下方1/3に疼痛を生じる。

5.足関節内反捻挫とは内反による捻挫であり、障害されるのは外側靭帯(前距腓靭帯が多い)である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-7 82歳の女性。脳卒中後の右片麻痺。プラスチック製短下肢装具を装着してT字杖歩行が可能である。装具は足尖の長さで足継手はない。Brunnstrom法ステージは上肢Ⅳ、下肢Ⅴ。右立脚後期が歩行周期の中で極端に短く安定性も低下している。装具に修正を加えたところ歩容は改善した。

装具に加えた修正はどれか。

1.装具の長さをヒラメ筋の起始部付近まで低くした。

2.足関節の固定性を強化(コリュゲーション)した。

3.中手指節関節部から遠位を切除した。

4.アーチサポートを挿入した。

5.足部のベルクロの固定を緩めた。

 

正答 3

右立脚後期が極端に短いことより、十分な蹴りだしができておらず、不安定なことが考えられる。

1.装具の長さを低くすると足関節の底屈制御が低下する。

2.ステージ下肢Ⅴであり、立位での足関節背屈が可能なレベルであるため、足関節の固定性を強化する必要はない。

3.正しい。中手指節関節部遠位を切除することにより足指での蹴りだしが行いやすくなり、歩容が改善する。

4.アーチサポートは内反への制御に効果があるが、蹴りだしには関係ない。

5.ベルクロを緩めると足関節の底屈制御が低下する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-8 3歳の男児。先天性の腰髄髄膜瘤による二分脊椎。この男児の足の写真を下に示す。

この児の歩行改善に必要なのはどれか。

f:id:motimotojuku:20161101105046p:plain

1.踵補高

2.外側ウェッジ

3.中足骨バー(metatarsal bar)

4.外側Tストラップ

5.背屈制動付き足継手

 

正答 5

写真より踵足変形がみられることから、SharrardⅣ(麻痺レベルがL5)であることが推測される。SharrardⅣでは、下腿三頭筋が働かないことから、背屈制動付き足継手の短下肢装具(底屈フリー)が適応となる。

1.踵補高は脚長差がある場合などに適用される。

2.外側ウェッジは内反足の改善を目的とする。

3.中足骨バーは中足骨の免荷を目的とする。

4.外側Tストラップは内反足に適用される。

5.正しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-9 48-A-10

次の文により9、10の問いに答えよ。

65歳の男性。右利き。突然の意識消失のため救急搬入された。診察時のJCSⅢ-200、血圧210/120mmHg  、脈拍90/分であった。搬送時の頭部CTを下に示す。

 

f:id:motimotojuku:20161101105148p:plain

48-A-9 意識を回復した際に認められるのはどれか。2つ選べ。

1.左半側空間無視

2.右上肢麻痺

3.左下肢失調

4.相貌失認

5.失語症

 

 

正答 2、5

図より、左半球前頭葉後方~頭頂葉に出血(高吸収域)が認められる。

1.左半側空間無視は右頭頂葉の障害でおこる。

2.正しい。右上肢麻痺は左前頭葉の障害でみられる。

3.左下肢失調は左脳幹部や小脳の障害でみられる。

4.相貌失認は側頭葉底部~後頭葉の障害でみられる。

5.正しい。失語症は優位半球障害でみられる。また、この部位ではゲルストマン症候群もみられる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

第48回共通 午前56~60

第48回共通過去問題

48-A-56 側脳室に接しているのはどれか。

1.黒質

2.被殻

3.淡蒼球

4.尾状核

5.扁桃体

 

正答 4

f:id:motimotojuku:20161101094802p:plain

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-57 脛骨神経支配でないのはどれか。

1.膝窩筋

2.足底筋

3.腓腹筋

4.前脛骨筋

5.ヒラメ筋

 

正答 4

脛骨神経は大腿後部~下腿後部~足底の筋を支配している。

前脛骨筋は深腓骨神経支配である。

深腓骨神経は足関節の背屈筋、足指の伸筋を支配する。

浅腓骨神経は長・短腓骨筋を支配する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-58 

リンパの流れについて誤っているのはどれか。

1.乳び槽は腸リンパ本幹と腰リンパ本幹が合流してできる。

2.右リンパ本幹のリンパは右静脈角から静脈に流入する。

3.右上肢からのリンパは右頭部からのリンパと合流する。

4.右下肢からのリンパは右リンパ本幹に流入する。

5.胸管のリンパは左静脈角から静脈に流入する。

 

正答 4

4.誤り。両下半身のリンパは乳び槽→胸管へ流入する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-59 

呼吸器について正しいのはどれか。

1.咽頭はC7~C8の高さにある。

2.輪状軟骨は弾性軟骨である。

3.成人の喉頭から気管支までの距離は20~25cmである。

4.気管の延長線に対する気管支の分岐角度は右より左の方が大きい。

5.終末細気管支は肺胞に開口する。

 

正答 4

1.咽頭はC4~C6の高さにある。

2.輪状軟骨、甲状軟骨、披裂軟骨は硝子軟骨である。喉頭蓋軟骨は弾性軟骨である。

3.喉頭から気管支までの距離は約10㎝である。

4.正しい。右の分岐角度は25°、左の分岐角度は45°で左の方が大きい。

5.終末細気管支→呼吸細気管支→肺胞管→肺胞嚢→肺胞と続く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

48-A-60 

腎臓について正しいのはどれか。2つ選べ。

1.右腎は左腎より髙い位置にある。

2.腎皮質は髄質に比べて薄紅白色を呈する。

3.腎小体は腎皮質にある。

4.尿細管はネフロンの構成要素である。

5.Henle係蹄は腎小体にある。

 

正答 3、4

1.右腎は左腎より低い位置にある。

2.腎皮質には糸球体(血管の固まり)があるため、腎髄質よりも赤い(赤褐色)。

3.正しい。糸球体と糸球体嚢を合わせて腎小体という。

4.正しい。1個の腎小体とそれに続く1本の尿細管をネフロンという。

5.Henle係蹄は尿細管に含まれる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・